自分に合った音楽配信サービスを徹底比較

IT化社会で変化する音楽の在り方

音楽配信サービスとはインターネットを介してユーザーに楽曲を配信し提供するサービスのことです。
具体的に言えば音楽をCDとして購入するのではなく、音楽ストリーミングといって楽曲をデジタルデータとして配信し、顧客は自分の聴きたい楽曲をいつでもどこでも好きな時にパソコンやスマホなどで視聴できるというものです。

パソコンはもとより、スマホ、タブレットの普及に伴い、現在ではネット環境さえあれば誰でも専用サイトやアプリなどを通して音楽を楽しむことが可能になったことで、この音楽配信サービスはニーズや利便性が人々に受け入られ今では様々な企業が音楽配信サービスに参入してそのサービスが激化しています。
そして、このITとミュージックのコラボとも言える、音楽配信サービスはまだまだ未知の可能性を秘め飛躍を見せてくれるのではないかと、期待させてくれるものでもあります。

日本でも国内シェアを狙う「AWA」や「LINE MUSIC」、海外シェアで優位に立つ「Apple Music」や「Spotify」などが日本国内の音楽配信サービスに名をあげ、日本ユーザーにとっても音楽ストリーミングが身近なものになりつつあります。
そんな中、各社それぞれのオリジナリティを出しつつユーザーの心をつかもうとサービス内容も、使い勝手を重視した機能性、スタイリッシュかつクールな印象を残すデザイン性、そして他の人たちと繋がり、シェアを重視したコミュニケーション能力性など様々な個性を打ち出して、使うユーザーにいかに共感してもらうか切磋琢磨してサービス内容を充実させてきています。